top
ホームページ ホームページを作ろう
タグについて
 
基本構造
文字を装飾
レイアウト
背景
リンクを貼る
HTMLタグ紹介>基本構造
 
 


基本構造

ライン

基本的な構造を作る

以下にご紹介するタグは、HTML を編集するのに最低限必要なタグです。必ず覚えるようにしてください

<HTML>~</HTML>
このタグの間にある文章がHTMLで書かれた文章であることを示します。絶対に必要なタグです。
<HEAD>~</HEAD>
このタグの間にある文章が“ヘッダー”部分であることを示します。“ヘッダー”は、実際にブラウザーには表示されないですが、必要な情報を書きこんでおくスペースのことです。
<TITLE>~</TITLE>
文章のタイトル部分であることを示すタグです。ブラウザーのタイトルバーに、ここで記入した内容が表示されます。ほとんどのブラウザーで半角64文字(全角32文字) まで表示できます。
<BODY>~</BODY>
このタグの間にある文章が本文であることを示します。ここに記入した内容が実際にブラウザーに表示されます。
<BR>
改行を挿入するタグです。このタグを挿入した数だけ、改行が挿入されます。
<P>
段落を変えるタグです。2行分の改行が入ります。このタグは複数入れても1つ分しか効果がありません。

これらを実際に使用すると


<HTML>
<HEAD>
<TITLE>~タイトルを入力~</TITLE>
</HEAD>
<BODY>~本文を入力~<BR>
~本文を入力(2)~<BR>
</BODY>
</HTML>

という構造になります。以上が最低限必要なタグです。これらを用いれば、一応、HTML を編集することが出来、ホームページを作ることが出来ます。しかしながら、これらだけでは、表現に限界があり、皆さんが作りたいと思っておられるような表現の豊かなホームページは作れないと思いますので、続いて、様々なタグを用いた装飾方法をご紹介します。それらも最低限必要なタグですので、必ず覚えてください。

また、次にご紹介しますタグは、<BODY>~</BODY>の間に記述します。実際に表示する内容について記述するのが、<BODY>~</BODY>の部分なのです。




HTMLタグ紹介へ戻る

 

Copyright (C) 2001-2008 hatena. All Rights Reserved.