top
ホームページ ホームページを作ろう
タグについて
 
基本構造
文字を装飾
レイアウト
背景
リンクを貼る
HTMLタグ紹介>文字を装飾
 
 



文字を装飾


ライン

文字を装飾する



見出しの指定

以下にご紹介するタグは、文字を装飾するタグの中で基本的なものばかりです。

<Hn>~</Hn>

本文中のテキスト部分で、見出しとして強調したい部分を指定するタグです。 “n”には1~6の整数を代入し、1が最大のランクで、大きく表示され、6が最小のランクで、小さく表示されます。太字にもなります。また、見出しとして指定すると、<Hn>のあとに、必ず改行が入りますので気をつけてください。

HTMLタグ紹介へ戻る


 


大きさの指定

見出し以外の本文部分で、文字の大きさなどを指定する場合には、<FONT> タグを用います。ここtでは、文字の大きさの指定のし方をご紹介いたします。

<FONT SIZE="n">~</FONT>

このタグの間にある文字の大きさを指定します“n”には、1~7 までの整数が代入されます。7 が最大の大きさとなります。何も指定しなければ、<FONT SIZE="3">~</FONT> を指定したのと同じ効果が得られます。ちなみに、ネットスケープナビゲーターでは、2 以下に指定すると、文字が潰れてしまって見にくいことがありますので注意しましょう。


<FONT SIZE="±n">~</FONT>

基本サイズに指定した文字の大きさから相対的に大きさを指定します。基本サイズは、何もしなくても、通常、3に指定されています。6段階の指定が可能です。基本サイズが3の場合、SIZE="+1"でSIZE="4"と同じサイズ、SIZE="-1"でSIZE="2"と同じサイズに指定できます。

<BASEFONT SIZE="n">

基本サイズとなるフォントの大きさを指定します。何も指定しなければ、3に設定されています。

HTMLタグ紹介へ戻る

 

 


色の指定


<FONT> タグは文字の大きさ以外にも、「色」 も指定できます。

<FONT COLOR="#RRGGBB">~</FONT>

文字の色を指定するのに使います。この #RRGGBB がそれぞれ、RR=赤、GG=緑、BB=青色を表しています。#RRGGBB は、16 進数(0123456789ABCDEF) で色を表しており、赤・緑・青の混色の状態で、00 が「混ぜない」、FF (10 進数の 255 にあたる) が「もっとも多く混ぜる」という状態を示しています。赤緑青を混ぜることによって、様々な色を表現するわけです。

HTMLタグ紹介へ戻る

 



フォントの種類の指定

<FONT FACE="フォント名,フォント名,フォント名">~</FONT>

フォントの種類を指定します。"フォント名"は指定したいフォントの名前を入力します。
フォントの値は 3 つまで指定することが可能です。1 つ目のフォントが閲覧者のパソコンの中に入っていなければ、2 つ目、3 つ目というようにフォントが指定されます。全く無ければ、指定されていないのと同じです。
ウィンドウズを使用している方を対象にするのなら、、"MS ゴシック" とか "MS 明朝" や "Times New Roman" あたりが指定できると思います。Mac では、"Osaka" などを指定できます。

 

 


全てを一度に指定

文字の大きさ、色、フォントの種類、その全てを一度に指定することができます。

<FONT SIZE="n" COLOR="#RRGGBB" FACE="フォント名">~</FONT>

文字の大きさ・色・フォントの種類全てを一度に設定します。それぞれの指定を半角英数のスペースで間を取ります。

 

 


その他の装飾方法

文字を修飾するための様々なタグがあります。ただ、「見え方」を指定するものと、「意味」を指定するものの 2 種類があります。音声読み上げブラウザーなどを使っている方のために、「意味」を与えるタグを間違って使わないようにしましょう。

<B>~</B>

このタグの間にある文字を太字表示します

<I>~</I>

このタグの間にある文字を斜体表示します。

<STRONG>~</STRONG>

このタグの間にある文字を強調表示します。<B> と表示結果は違いはありませんが、音声読み上げソフトを使っている方は、ここが重要な箇所だと認識することができます。意味上、これをしているする箇所が重要である場合は、<B> ではなく、こちらを使いましょう。

<EM>~</EM>

このタグの間にある文字を強調表示します。<STRONG>との違いは、こちらが斜体表示される点です。また、<STRONG>よりも弱い強調という位置付けになっています。


<TT>~</TT>

このタグの間にある文字を等幅に表示します。数値などをそろえるのに便利です。


<U>~</U>

このタグの間にある文字に下線(アンダーライン)を引きます。


<S>~</S>

このタグの間にある文字に抹消線を引きます。



おすすめWEBサイト 5選

ツタヤ
http://www.tsutaya.co.jp/index.html
おしゃれなデュポンライターの販売
http://akiha-web.com/SHOP/7639/7750/list.html

2014/9/26 更新


HTMLタグ紹介へ戻る

 

 

Copyright (C) 2001-2008 hatena. All Rights Reserved.