top
ホームページ ホームページを作ろう
タグについて
 
手順
ソフトウェア
サンプル1
サンプル
ホームページを作ろう>サンプルを作ってみよう2
 
 


サンプルを作ってみよう

LINE

1. 基本構造の記入

まずは、基本構造を記入します。

 

<HTML>
<HEAD>
<TITLE></TITLE>
</HEAD>
<BODY>

</BODY>
</HTML>
これがHTML を記入する上での基本構造ですね。それぞれのタグの意味については、後ほど解説いたします。まずは、どのように、ホームページを作っていくのか、流れを把握しましょう。

2. 文字の記入

次に、本文を書いていきましょう。<BODY>~</BODY>の間に、文字を記入してみてください。ここでは、「こんにちは。これはHTMLの練習です。」と記入してみましょう。

<body></body>の間に文字を記入しましょう


3. 改行の挿入

記入した文字列に、「こんにちは。」の部分で改行を入れましょう。「こんにちは。」の後ろに、<BR> という記号を入れてください。

そして、「HTMLの練習」の文字サイズを一つ大きくし、色を赤にしてみましょう。HTML は以下のようになります。「これはHTMLの練習」という文字を、<FONT SIZE="+1" COLOR="FF0000"> と </FONT> という記号で囲みます。

文字を大きくして、色を赤にしてみましょう

もし、上の画像でわかりにくい方がおられましたら、以下の文字をコピーしてお使いください。

 


<HTML>
<HEAD>
<TITLE></TITLE>
</HEAD>
<BODY>

こんにちは。<BR>
<FONT SIZE="+1" COLOR="#FF0000">これはHTMLの練習</FONT>です。

</BODY>
</HTML>



4. ファイルの保存

では、このファイルを保存して、ブラウザーで確認してみましょう。メニューの「ファイル」から「保存」を選択し、ファイル名を「test.html」と記述し、わかりやすい場所 (デスクトップなど) に保存してください。

再度、この「test.html」をメモ帳で編集する場合、基本的に、「メモ帳」の「開く」から開くことの出来るファイルは、「テキス ト形式のファイル」だけなので、「HTML形式のファイル」を開くことは出来ません。が、「開く」ときのファイル選択画面で、「テキスト文書」と書いてあ るプルダウンメニューから「全てのファイル」を選択すれば、「HTML ファイ ル」も開くことが出来るようになります。または、メモ帳にファイルをドラッ グ & ドロップしても開くことができま。

名前を付けて保存を選択します

 


5. ブラウザーで確認

ブラウザーを起動します。ブラウザーを起動できましたら、ブラウザーのメニューの「ファイル」の中の「(ファイルを) 開く」を選択し、

ファイルを開くを選択

 

「参照」を押し、

参照を選び


先ほど保存した「test.html」を選択してください。

先ほどのtxtを選択する

 

ブラウザーに文字列が以下のように表示されているでしょうか? もし、問題がありましたら文字などの打ち間違い等がないか、チェックしてみてください。

ブラウザで確認

6. まとめ

だいたい以上のような感じでHTMLを書きこんでいきます。あとは、リンクを張ったり、画像を貼ったりすれば、良いホームページが出来上がっていきます。しかし、それには、HTMLについてもっと勉強しなくてはなりません。

Valuable information

2015/7/10 更新

Copyright (C) 2001-2008 hatena. All Rights Reserved.